有名なギャンブラー

最も有名なギャンブラー達

ギャンブルは、近年大きく変化してきました。これは、主にオンカジのおかげです。賭けをするのに、もうカジノへ行く必要はありません。スマホやノートパソコンさえ持っていれば、ギャンブルができます。しかし、目的は、今までと変わりません。つまり、お金を賭け、ゲームをし、お金を勝ち取ることです。大リーグで成功している人もいれば、ギャンブルだけで生計を立てている人もいます。 1 –  エドワード・ソープ: どんなゲームでも限界があります。しかし、数学教授であるエドワード・ソープは、ブラックジャックの限界に打ち勝つことを学びました。エドワードは、カードカウンティングに関する本を著作しました。理論の信憑性を示すために、ゲームで自分の戦略を使い、最初の週末だけで1万1千ドル勝ちました。彼がこれらのテクニックを開発したのは、まだコンピューターの計算性能が良くなかった1960年のことでした。 2 – ビリー・ウォルターズ: ビリー・ウォルターズは、ロサンゼルスのあらゆるカジノで人気があります。というのも、過去30年以上も続いて、スポーツベッティングで最も多くの勝利をあげたギャンブラーなのです。ビリーについての話は、とても刺激的です。 3 – フィル・アイヴィー: フィル・アイヴィーは、世界で最も優秀なポーカープレーヤーの一人です。彼は、WSOP(ワールドシリーズオブポーカー)の10個のブレスレットを保持していて、ポーカー界のスターなのです。さらに、2012年のロンドンでは、バカラをプレイし、1100万ドルを勝ち取りました。  4 – クリス・マネーメーカー: クリスは 「マネーメーカー(稼ぎ屋)」として知られています。2003年のWSOPのメインイベントで、優勝を果たしました。クリスの自伝は、初心者が読むにはとてもいいでしょう。現在に至るまで、ポーカーシリーズを含め350万ドル以上稼いでいます。 5 – ドン・ジョンソン: ドン・ジョンソンのブラックジャックに関するテクニックは、ギャンブラーの間で人気があります。そして、それらのテクニックは、ギャンブラーたちを魅了し続けています。ドンは、ブラックジャックで1500万ドル以上稼いできました。彼は、カードカウンティングを使っていません。そのかわりに、自身の基本的な必勝テクニックを使ったのです。ドンは、ずっとブラックジャック一筋ですが、というのも、カジノ側の取り分が少ないからです。 6 –MIT (マサチューセッツ工科大学)のブラックジャック・チーム: このチームは、ギャンブル界で、大きな旋風を巻き起こしました。ブラックジャックのゲームが始まって以来、ギャンブラーたちはカードカウンティングをしてきました。そして、このチームがとった方法も、カードカウンティングです。MITのブラックジャック・チームというと新しく聞こえるかもしれませんが、1979年以来ゲームに参加してきて、単純なゲーム戦法で大金を獲得してきました。このチームは、これまでに何百万ドルも稼いでいます。 まとめ: ギャンブルによって、富を築いたギャンブラーは大勢います。テーブルゲームだけでなく、スロットマシーンも同様です。しかし、トッププレイヤーに関しては、特にスキルのあるプレーヤーたちが、ギャンブル界で尊敬の念を集めています。とはいえ、ギャンブルの唯一の目的は、ただお金を稼ぐことなのです。